肝斑の原因

肝斑の原因

肝斑ができる原因は、色々あります。

 

ほほ骨や口の周辺に左右対称に広がるようにできるのが肝斑で、主に30?40歳代の年齢層の女性に多くできます。

 

 

肝斑ができる原因は、一般的には老化と言われています。ただ、女性ホルモンのバランスに関係しているので、妊娠によってできたり、ピルによって引き起こされることがあります。

 

肝斑はまた、紫外線とも関係していて、紫外線にあたりやすい部位によく症状が現れるので、紫外線対策は万全に行なわなければなりません。

 

 

肝斑ができる原因には、ストレスも関係しています。ホルモンの分泌に大きく関わってくるのがストレスで、不規則な生活や睡眠不足などで肝斑ができることがあります。

 

生活リズムを整え、リラックスするように努めなければなりません。睡眠時間を十分に取り、ストレスをためないようにしなければいけません。

 

 

肝斑は、30から40歳代に発症年齢が集中していて、症状が見られるのは50歳代後半くらいまでです。
肝斑の発症には女性ホルモンが何らかの形で影響していて、ストレスが発症の大きな要因になります。