肝斑とシミの違い

肝斑とシミの違い

肝斑とシミの違いはどこにあるのでしょう?肝斑とシミの違いがわかりにくいのは、肝斑がシミの一種だからです。

 

大きな違いを言うと、シミは紫外線を浴びてできるのですが、肝斑は紫外線に当たらなくてもできるところです。

 

 

肝斑は一般的なビタミンCなどの美白スキンケアを使っても治せません。
シミができる原因は、紫外線によるもので、大量の活性酸素が発生することで細胞が酸化し、それを防ぐためにメラニンという色素が作り出されます。

 

メラニン色素は古い細胞とともに皮膚に排出されると垢となっておちるのですが、ターンオーバーが乱れると、皮膚に色素沈着として残り、シミとなるのです。

 

 

 

肝斑は紫外線以外に、妊娠したり、ピルを飲んでいるとなりやすく、強いストレスを感じている時などになります。

 

肝斑とシミを見分けるには、できる部位を見れば、大体判断できます。肝斑の場合、頬骨、額、口の周辺に左右対称にできる特質があり、目の周囲にはできません。

 

また、シミと違い、色が抜けたように見えます。見た目、境界が明確でなく、もやっとしているのが肝斑で、シミは季節や体調で色の濃さが変わります。

 

肝斑に効果的と言われている美白成分は「ハイドロキノン」!!
今までハイドロキノンを試したことのない方も、トライアルセットを使ってみるといいでしょうね。